白蟻が棲みついたら家に異変が~早めに白蟻駆除依頼する~

放置すると家はボロボロに~早めの白蟻駆除が重要~

白蟻は家に棲みつくと大変なので早めの駆除が必要です。早く白蟻駆除をしないと、次のような被害が発生します。

実際にあった白蟻による被害

経年劣化だと思っていたら(男性/40代)

最近床や畳がボコボコしたり、きしんだりしてきたなって感じがしたけど家も古いし、経年劣化かと思っていたんです。でもふとしたときに白蟻を見つけていろいろ調べてみると、白蟻が原因かもしれないと思いました。すぐに調べてもらうと、床下から侵入して上に上がってきて床下や畳まで食べていました。この床や畳の上で生活していたと思うと恐ろしいです。

気付いたら柱から軽い音が(女性/50代)

私が白蟻に気がついたきっかけは、家の柱の音でした。家を支えている柱なので、軽い音がするのはおかしいと感じたのです。家にある全部の柱を叩いて確かめてみると一つだけ軽い音だったので、やっぱり変だなと思って友人に相談してみると、白蟻じゃないかとのことで業者に調べてもらいました。そしたら白蟻が食べつくしていると分かりました。

雨漏りだけではなかった(男性/30代)

最初は雨漏りでした。天井から雨漏りしていて、業者に頼み調査してもらいました。雨漏りが屋根からだと分かったので修理をすることになりました。そしたら修理のときに、白蟻がいることが分かりました。雨漏り修理は、部分的な修理でしたが、他の部分にも白蟻が繁殖しているかもしれないとのことでした。業者によると、雨漏りで湿気の多い状態が長く続いたから、白蟻が棲みついたかもしれないとのことでした。

危うく火事にまで発展しそうになった(女性/30代)

自宅で白蟻を見つけていたんでけど、そこまで気にならなかったのと、どんな被害があるのか分からなかったので、そのままにしていたんです。少し、白蟻を見かける数が多くなったなと感じたときに、充電器の配線が虫食いのように穴が開いているのに気が付きました。まさかと思い調べてみたら白蟻がかじった可能性があることを知りました。漏電して火事になる危険もあるみたいなので、火事になる前に気が付いてよかったです。

このような状態は危ない

白蟻が発生していると次のような問題が発生します。見逃して、見えないところで白蟻が繁殖ないように気を付けましょう。

白蟻が生息していると

羽アリが大量に飛び立つ
羽アリは雨上がりに多く発生し、ジメジメした午前中か夜だけに発生する種類もいます。時期は4月~7月の間が多く発生すると言われています。白蟻が成長すると羽アリになるので、羽アリがいるということはすでに多くの白蟻が生息していることになるのです。
住宅に異変が起こる
白蟻の存在に気付きながらも放っておくと、普段の生活で異変が起きることがあります。それは、床のきしみや踏んだ時に沈む感じがする、屋根が食い荒らされて雨漏りする、それに床や壁にカビが発生することもあります。そのため、早めの白蟻駆除が必要です。

断熱効果は白蟻にとっても嬉しい?

白蟻は、20℃~30℃の温かい時期に活発に活動します。そのため、日本では5月~7月が白蟻が一番多くなる時期になります。白蟻は11月~3月の寒い時期になると活動しなくなりますが、いなくなるわけではないので冬眠している期間というふうに考えると良いでしょう。家が断熱効果で温かいと、室内にいる白蟻は冬になっても関係なく活動します。そのため、自宅をリフォームする際に断熱効果を取り入れる時は注意しましょう。

TOPボタン